子育て

おすすめベビー用品「ソフトベビーサークル」の良い点と気になる点

この記事で分かること

・ソフトベビーサークルの必要性が分かります。

こんにちわ。

山さんです。

皆様は幼い子供から目が離せなくて、困ってしまった経験はございませんか?

・子供から目を離せられる時間を作りたい。

・集中して家事や用事を済ませたい。

今回、子供から目が離せなくなって困ってしまった方におすすめのベビー用品の1つである「ソフトベビーサークル」を紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ソフトベビーサークルの概要

商品名 ソフトベビーサークル
メーカー名 SmartAngel
対象年齢 5ヶ月~3歳頃
サイズ 最外形:対角143cm × 対辺125cm × 高さ66cm

対角内寸:約121cm

対辺内寸:約110cm

セット内容 ネット、フレーム(鉄)18本、

ジョイント上6個、ジョイント下6個

キズ防止シール(1シート20個)

キャリングバッグ(収納袋)

 

この商品は、鉄製のフレーム・ネット・ジョイントで構成されたベビーサークルです。

ネット部分はソフトメッシュ素材を使用されており、風通しがよく圧迫感も感じにくいです。

ファスナー式の扉が付いていますので、子供自身も出入りが簡単です。

床へのキズ防止を目的として保護シール・収納用として活用できるキャリングバックが付属されています。

僕の場合は西松屋で購入しましたが、楽天市場などのネット通販でも購入することができます。

良かった点

ソフトベビーサークルを購入して良かった点は、以下の5点です。

家事や用事に専念する時間が持てた

ベビーサークルを購入して一番良かったことは、家事や用事に専念する時間が持てたことです。

幼い子供は親が見ておかないと何でも口に入れてしまうし、ティッシュペーパーなどで遊んでしまったりと目が離せなくなりますよね(-_-;)汗

そんな時にはベビーサークルという「セーフティーゾーン」があれば、とても安心です。

ちょっと家事や用事を行いたい時やトイレに行きたくなった時などには、ベビーサークルの中で少し待機してもらいましょう。

ベビーサークルの中で過ごしてもらっている間は子供の心配をしなくて済みますので、安心して家事や用事に専念することができますよ!

また、子供の相手をしすぎて疲れてしまった時の休憩タイムとしても活用することができますので、とても助かっています。

僕個人としては、ベビーサークルがない生活は考えられませんね。

子供のおもちゃ入れとして使える

ウチの場合はベビーサークルの中におもちゃを入れており、子供の遊び場としています。

そうすることで、必然的に子供のおもちゃを保管する場所としても活用することができるので、子供のおもちゃを出したり、片付けたりする手間を減らすことができますよ。

また、家の中に子供の遊び場ができていることで、それ以外の場所におもちゃで散らかるのを防ぐことができるので、便利な使い方だと考えています。

フレームが頑丈なのでつかまり立ちをしても安心

安価な商品であれば、その耐久性がどうかが心配になりますよね。

しかし、このベビーサークルのフレームは頑丈な作りですので、子供がつかまり立ちや持たれても形が崩れてしまうことはありません。

六角形の形をしているので、力をうまく分散してくれているんですかね(^^)笑

また、フレームは外側・ネットは内側となっているので、子供がフレームに頭や身体をぶつけてケガをしてしまう心配はありませんよ。

シートが汚れたら洗濯できるので衛生的

子供が使っているとヨダレやオシッコなどで汚してしまう可能性があります。

この商品はフレームとネットを分解することができるので、子供が汚してしまった場合でもネットだけを洗濯することができるので、とても衛生的です。

また、ベビーサークルを分解するのが手間だなと感じる場合は、ベビーサークルの中にマットやクッションなどを敷き詰めてみてはいかがでしょうか?

そうすると、ベビーサークルを分解しなくてもマット・クッションだけを洗濯すればいいので、衛生面は完璧です。

組み立てが簡単(しかし、チカラが必要)

この商品は、フレーム・ネット・ジョイントで構成されたベビーサークルですので、組み立て自体はとても簡単です。

説明書もありますので、それを見ながらゆっくり組み立ててみて下さい。

しかし、組み立てる際に気を付けなければいけないことが1つあります。

それは、組み立ての最後のあたりでは結構な力が必要なことです。

男の僕でも「ちょっと力がいるなー」と感じるほどでしたからね(-_-;)汗

「組み立てが心配だな」と思うお母さんは、頼れる大黒柱である旦那様に頼ってみて下さい。

ちょっと苦戦するかもしれませんが、確実にベビーサークルを組み立ててくれると思いますよ。

気になった点

ソフトベビーサークルを購入して気になった点は、以下の4点です。

部屋が狭くなった

ベビーサークルを購入してみて、一番最初に気になったことが「部屋が狭くなった」でした。

この商品は、対角の長さが約143㎝と結構な大きさになります。

ウチの場合は家自体が狭いため、このベビーサークルが部屋を圧迫してしまう結果となってしまいました。

購入する前から「ちょっと部屋が狭くなるだろうな~。」と考えてはいましたが、実際にベビーサークルを設置してみるとかなりの窮屈さを感じました(-_-;)汗

ベビーサークルがあることに慣れた今ではあまり気にならなくなりましたが、家が狭い場合はその環境に慣れるまで苦労をしてしまうかもしれません(´;ω;`)泣

底のシートはクッション性がない

この商品は底の部分のクッション性がありません。

そのため、サークル内で子供が倒れた時には頭や体をゴツンとぶつけてしまうことがあります。

子供はただでさえバランスが悪いので、クッション性のなさを補う必要があります。

ウチの場合はサークル内にマットなどを敷いてクッション性を確保しています。

この方法だと子供がサークル内を汚してしまった時にも、いちいちサークルを分解せずに洗濯が行えるので、かなりおすすめですよ。

サークル外に出たがる時がある

ウチの子供の場合、普段はサークル内にあるおもちゃで遊んでくれています。

しかし、サークル外にいるパパやママが気になってしまい、泣いて外に出たがる時があります。

そのような時には、サークルの外に出してあげないと子供がなかなか泣き止みませんでした(-_-;)汗

長い時間サークルの中に入れていたわけではないんですが、子供も人間です。

狭く窮屈なところで過ごすよりも、広いところで伸び伸びと過ごしたくなりますよね。

子供が成長するにつれて使えなくなる

今のところ、ウチの子はまだ幼いので自分でサークル外に出ることはできません。

つかまり立ちをしてもサークルの上部に手が届かない状態です。

しかし、子供が成長するにしたがって、いつかは自分でサークル外に出てしまうのだろうなと考えています(-_-;)汗

自分の子供が成長するのがうれしい反面、安全エリアがなくなってしまう危機感も感じています。

さいごに

今回、おすすめベビー用品の1つである「ソフトベビーサークル」を紹介してきました。

この商品を購入するまで子供から目を離すことができない状況でした。

しかし、この商品を購入したおかげで安心して家事や用事に専念することができるようになり、とても助かっています。

子供が成長するにつれて使えなくなる商品ではありますが、便利な道具はしっかりを活用していきたいと思っています。

それでは皆様、さようなら(^^)/

 

下の商品は、類似品です。