資産運用

企業分析をしよう① ~企業分析に必要な基礎知識と決算書を学ぶ~

悩み人
悩み人

企業分析って何を行えばいいんだろう?

企業分析に必要な基礎知識を教えてほしい。

決算書にはどんなものがあるんですか?

このような疑問に答えます。

 

こんにちわ。山さんです。

皆様は株式投資を行う上で、企業分析はどの程度行っていますか?

僕は企業決算で前期と比べて、どのくらいの収益があったかぐらいしか見ておらず、お世辞にもしっかり企業分析を行っているとは言えない状況でした(-_-;)汗

そこで、企業分析を正しく行うためにも「3秒でバランスシートが読める本」を読んで勉強を行いました。

今回は企業分析に必要な知識と決算書についてまとめていきたいと思います。

よろしくお願いします。

企業分析をするためのモノサシ

企業の経営状況を見るためには、いくつかのモノサシがあります。

例えば、「売上」「費用」「利益」などがあります。

それらの中で一番大切なものは「お金」です。

売上も利益も同じじゃないかと言われそうですが、それは別物です。

売上 お金を受け取る権利を得たことを表す。
費用 お金を支払う義務を負ったことを表す。
利益 売上と費用の差額を表す。

つまり、

売上や利益があっても、それと同じだけのお金が企業に存在しているわけではないのです。

 

売上が発生して時点ではお金が入ってくることはありません。

費用が発生した時点でもお金を払う必要はありません。

お金が入ったり、出たりするタイミングにはズレがあります。

もし、

いくら売上を上げていても、そのお金が入ってくる前に多額の支払いが必要になったら、お金が足りずに企業が倒産してしまいます。

資金繰りの計画を確認するためにも、企業の決算書を見て「お金」に関する情報を調べる必要があります。

山さん
山さん
企業がお金を持っていることは重要なことです。
「お金」に関する情報も決算書を見てしっかり調べないといけないですね。

企業分析に必要な決算書

企業分析を正しく行うために決算書について学んでいきましょう。

決算書は主に2種類

決算書には大きく「損益計算書」と「貸借対照表」に分けることができます。

それぞれの特徴を以下に示します。

損益計算書 収益から費用を差し引いて、企業が1年間に稼いだ利益を計算するもの
・簿記や会計の知識が無くてもなんとなく読むことができる
貸借対照表
(バランスシート)
企業の抱える資産・負債を一覧表にしたもの
・その企業が本当に儲かっている企業なのか、成長している優良企業なのかを明確に示すもの
・非常に分かりにくい

損益計算書

損益計算書の計算式は、以下の通りです。

収益 - 費用 = 利益

山さん
山さん
いろいろな項目が書かれていて、少し難しそうに見えますが、基本的には上の計算式で成り立っています。
そのため、簿記や会計学を知らない一般の人でも分かりやすく読みやすい決算書と言えます。

貸借対照表(バランスシート)

貸借対照表の計算式は、以下の通りです。

資産 = 負債 + 純資産

上の計算式から負債を移項すると

資産 - 負債 = 純資産

となります。

山さん
山さん

基本的には損益計算書と似たような計算式ですね。
しかし、何の意味があって右側と左側に分かれているのか?
資産・負債・純資産といった言葉に戸惑ってしまいますね。

どちらの決算書が重要なのか?

決算書について「3秒でバランスシートが読める本」の著者は、以下のように記しています。

貸借対照表(バランスシート)を読みこなし、これを指針として経営を進めている企業ほど業績の良い優良企業が多く、銀行からも信頼されている。

逆に、

損益計算書だけで経営している企業は常に資金繰りに苦しんでおり、銀行からは見放されて、倒産するケースも少なくない。

山さん
山さん

企業分析を正しくするためには貸借対照表を読めた方が良いみたいです。
この機会にしっかり学んでいきたいと思います。

貸借対照表の基礎知識

次は貸借対照表の基礎知識を学んでいきましょう。

表が左右に分かれている

山さん
山さん
貸借対象表の右側には「負債」「純資産」、左側には「資産」が入ります。
最終的に左右の合計金額が「必ず一致する」ことを覚えておいてください。

資産とは?

資産には、「現金・預金」「商品・製品」「原材料」「建物」「機械」「生産設備」「貸付金」「有価証券」などが該当します。

「流動資産」と「固定資産」に分けることができ、以下の基準があります。

流動資産:1年以内に入ってくるお金

固定資産:1年を超えて入ってくるお金

 

負債とは?

負債は、将来的に必ず支払わなければいけないお金を指しており、「借入金」「買掛金」「未払金」などが該当します。

「流動負債」と「固定負債」に分けることができ、以下の基準があります。

流動負債:1年以内に出ていくお金

固定負債:1年を超えて出ていくお金

 

純資産とは?

純資産とは、企業が自分で出資した「資本金」と企業が過去に稼いだ利益の累計である「利益剰余金」の合計を指しています。

純資産 = 資本金 + 利益剰余金

貸借対照表が表す「純資産」の意味

貸借対照表が計算しようとしている純資産は、以下の計算式で表されます。

資産 - 負債 = 純資産

この金額は「将来、企業に残るお金」を指しており、純資産が大きいということは将来この企業に多くのお金が残り、そのお金を使ってさらにお金を稼ぐ可能性が高いことを意味します。

つまり、

純資産を多く持つ企業は「お金を稼ぐ力がある」ことを表しています。

 

「短期」と「長期」の区分

先ほども説明した通り、資産と負債には「流動」と「固定」に分かれています。

短期 = 流動資産・流動負債

長期 = 固定資産・固定負債

山さん
山さん
流動資産と流動負債に注目することで、企業の経営状態を確認することができます。

流動資産 < 流動負債の企業

1年以内に入ってくるお金と1年以内に出ていくお金を比べて、出ていくお金が多かったら、その企業は1年以内に資金ショートを起こして倒産するリスクが大きいです。

流動資産 > 流動負債の企業

1年以内に入ってくるお金が1年以内に出ていくお金よりも大きければ、その企業はお金に余裕が生まれます。新たな長期の投資を行うことができ、さらにお金を増やすことができます。この企業の倒産するリスクは小さいです。

山さん
山さん
企業の経営がうまくいっているかどうかを見るためにも、短期と長期の区分は注意して見る必要があります。

さいごに

今回、企業分析に必要な知識と決算書についてまとめてきました。

次回は「3秒でバランスシートが読める本」の著者が勧める「箱型バランスシート」について解説を行っていきたいと思います。

もしよろしければ、下の記事も読んでくださいね。

企業分析をしよう① ~企業分析に必要な基礎知識と決算書を学ぶ~ このような疑問に答えます。 こんにちわ。山さんです。 皆様は株式投資を行う上で、企業分析はどの程度行っていま...

それでは、さようなら(^^)/