楽天経済圏

楽天証券で口座開設をする方法!

悩み人
悩み人

楽天証券で口座開設したいけど、どうやればいいのか分からない。

楽天証券で口座開設の方法を教えてほしい。

このような悩みに答えます。

 

こんにちわ。山さんです。

今回は「楽天証券で口座開設をする方法」について説明していきたいと思います。

よろしくお願いします。

口座開設の手順

楽天証券で口座開設をする際の手順は以下の通りです。

  1. 口座開設の申し込み
  2. 本人確認書類の選択・提出
  3. 本人情報の入力
  4. ログインIDの受け取り
  5. 初期設定
  6. マイナンバーの提出

上記の②~④に関しては、「スマホで本人確認」「郵送で本人確認」の2パターンの方法があります。

口座開設をお急ぎの方・手軽く簡単に済ませたい方などは「スマホで本人確認」をおすすめします。

また、

特に口座開設を急いでいない方・スマホでの操作が不安な方などは「郵送で本人確認」を選択することも可能です。

山さん
山さん
方法はどちらでも大丈夫です。
自分が行いやすい方法で本人確認を行ってください(^^)

口座開設の申し込み

まずは、楽天証券のホームページ内にある「口座開設」ボタンを押して申し込みを行いましょう。

山さん
山さん
メールアドレスの登録後に確認メールが届きます。
そのメールに記載されているURLから申し込みを続けます。

本人確認書類の選択・提出

次は、本人確認書類を提出していきます。

利用できる本人確認書類は、以下のとおりです。

●スマホで提出できる本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード

●郵送で提出する本人確認書類

  • 住民票の写し・印鑑証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明証
  • 住民基本台帳カード

本人確認書類の注意事項についてはこちらを参照。

山さん
山さん
株式投資をするためには最終的にマイナンバーを提出しなければいけません。
この段階で個人番号カードを選択しておけば後が楽ですよ(^^♪

スマホで本人確認書類を提出

山さん
山さん
スマホで提出する場合は、スマホで本人確認書類の写真を撮るだけ!
早いし、楽だし、とっても簡単です(^^♪

郵送で本人確認書類を提出

山さん
山さん
スマホで提出するよりも少し時間はかかるけど、こちらも簡単に行うことができますね(^^♪

本人情報の入力

次は、氏名や住所などの本人情報を入力していきます。

山さん
山さん
「スマホで提出」を選択した人はログインパスワードの登録があります。
忘れてしまわないように必ずメモを取っておいてください。

「郵送で提出」を選択した人は、ログインパスワードの登録はありません!

ログインIDの受け取り

楽天証券での審査後、ログインIDが届きます。

「スマホで提出」を選んだ人は、ログインIDがメールで届きます。

「郵送で提出」を選んだ人は、ログインIDと初期パスワードが郵送で届きます。

山さん
山さん
審査には1~2営業日かかるようです。
ログインIDは変更ができないので、必ずメモを取って大切に保管しましょう(^^)

初期設定

楽天証券のホームページでログインを行います。(ログインIDとログインパスワードが必要)

ログイン後は取引を行う時に必要となる取引暗証番号や勤務先情報などの初期設定を行います。

初期設定に関する案内はこちらを参照。

山さん
山さん
初期設定で行う「取引暗証番号」は必ずメモして忘れないようにして下さい。
忘れてしまうと取引ができなくなってしまいますよ(>_<)

マイナンバーの提出

初期設定終了後はマイナンバーの提出を行います。

マイナンバーの提出が完了となれば、取引が行えるようになります。

本人確認書類の提出の際にスマホで個人番号カードを提出している場合は、この作業はありません。

山さん
山さん
ここまで完了すれば口座開設が終了です。
これでアナタも投資家になる準備が整いました。
おめでとうございます(#^.^#)

口座開設が終われば、あとは入金と取引だけ!

楽天証券への入金方法

楽天証券に入金する方法は、以下のとおりです。

山さん
山さん
楽天銀行に口座がある人は「マネーブリッジらくらく入金」がおすすめです。

「マネーブリッジらくらく入金」については、下の記事で説明しています。

山さんが楽天証券をおすすめする3つの理由! このような悩みに答えます。 楽天グループのサービスがいろいろ利用できる マネーブリッジで...

実際に取引を開始

山さん
山さん
ここまでくれば、あとは注文を入れるだけ!
これでアナタも投資家ですね(*^▽^*)

さいごに

今回は「楽天証券で口座開設をする方法」についてまとめてきました。

口座開設の手続きは少し面倒ですが、一度やってしまえばあとは取引を行っていくのみです。

投資家の皆様、無理のない投資家ライフをお過ごしください。

それでは、さようなら(^^)/