配当金

2021年2月、約30年ぶりに日経平均株価3万円を突破した時の配当金実績

2021年2月。

新型コロナウイルスの新規感染者数は徐々に減少傾向となっており、緊急事態宣言もようやく3月7日で終了できるのかと期待される今日この頃。

株式市場では約30年ぶりに日経平均株価3万円を突破したというニュースが飛び込んできました。

この日本株の回復について、コロナショックからの回復を先取りしたものと捉えている人もいれば、実体経済から大きく乖離していると捉えている人もおり、投資初心者の僕にはさっぱり分からない状況となっていますね。

そんな中、今月も各企業からの配当金を頂きましたので、報告をさせていただきたいと思います。

よろしくお願いします<(_ _)>

2021年2月、約30年ぶりに日経平均株価3万円を突破した時の配当金実績

ティッカー 銘柄 金額(円)
T AT&T 4,768
HYG iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF 124
LQD iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF 104
PFF iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF 803
BTI ブリティッシュ・アメリカン・タバコ 606
8977 阪急阪神リート 2,399
合計 8,804

※上記の金額は税引き後です。

山さん
山さん
今月は上記の 6銘柄 から配当金を頂きました。

先月はHYG、LQD、PFFからの配当金が無かったため、3銘柄からしか配当金がもらえず、非常に寂しい思いをしていました。

しかし、今月は6銘柄から配当金がもらえたので、少しだけ明るい気持ちで日々を過ごすことができました。

また、今月はAT&Tや阪急阪神リートのおかげで、先月の合計金額4000円を越えることができ、ちょっとした満足感も得られましたね(^^♪

配当金の推移

山さん
山さん
今月の配当金合計は、 8,804です。

※上記の金額は税引き後です。

今月の配当金額も少なめでしたね(;^_^A汗

でも、なんとか自分と妻のスマホ代を賄える金額がもらえたので、よしとしておきましょう(^^♪

1月・2月と配当金額は少なめでしたが、来月にはSPYDやVYM・HDVからの配当金がもらえる予定ですので、また配当金額の大きな飛躍を期待したいですね。

大統領選挙以降は十分な株の買い増しを行えていないため、配当金額の増大は微々たるものと思いますが、今後も配当金の推移を楽しみにしていきたいと思います。

累計配当金の推移

山さん
山さん
今までの累計配当金額は、 309,687です。

※上記の金額は税引き後です。

先月の段階で累計配当金額がギリギリ30万円に到達しましたが、今月も同じ30万台で足踏み中です。

しかし、去年の今頃は配当金収入とは無縁の生活を過ごしていた僕が、1年間という短い期間で1か月分の労働収入を同じくらいの配当金収入をもらえるようになったことをうれしく思います。

経済的自立になるために必要な「生活費 < 配当収入」にはまだまだ全然足りていませんが、少しでも豊かな生活が送れるように今後も堅実な株式投資を続けていきたいですね(*^▽^*)

さいごに

今回、2021年2月分の配当金実績をまとめました。

今月も少ない金額でしたが、各企業から配当金を頂くことができました。

今までは配当収入自体がなかったので、配当金の使い道を悩む権利はありませんでしたが、現在は頂いた配当金を日々の生活費に当てるのか、それとも株式に再投資するのかという選択肢を悩むことができています。

現在の生活を少しでも楽にしたり、将来の生活をより豊かなものにできるように、今後も頑張っていきたいですね(^^♪

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

それでは、さようなら(^^)/