配当金

2020年7月、GoToキャンペーンが物議を呼んだ時の配当金実績

2020年7月。

県外への移動が緩和されてからコロナウイルスに感染している人たちが徐々に増えてきた今日この頃。

GoToキャンペーンという旅行を促進するようなキャンペーンが始まりましたが、そのキャンペーン自体が物議を呼んでいます。

「感染者が増えるのではないか?」

「東京がキャンペーン対象から除外?」

「旅行のキャンセル料はどうなるの?」

なにやら、大変ですね(-_-;)汗

そんな中、今月も配当金を頂きましたので、その報告をしていきたいと思います。

よろしくお願いします。

2020年7月、GoToキャンペーンが物議を呼んだ時の配当金

ティッカー 銘柄 金額(円)
PFF iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF 385
HYG iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF 133
LQD iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF 120
ARCC エイリス・キャピタル 3,052
VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 270
合  計 3,960

 

今月は上記の5銘柄から配当金を頂きました。

エイリス・キャピタルさんのおかげで、ちょっとマシな金額になっています。

この配当金がなかったら、今月は500円ぐらいの配当金しかなかったことになるので、寂しい月になるところでした(-_-;)汗

エイリス・キャピタルさんは、2020年3月のコロナショックの際に株価8ドル付近で買い込んでいました。

7月末時点でも株価14ドルであり、配当利回りが11%を超える超高配当です。

しかし、高配当である分、かなりリスクがある投資先であるため、僕の投資金額はそれほど多くありません。

山さん
山さん
以前のように株価8ドル程度まで下がってきたら、また少し買い増しをしましょうかね。

配当金の推移

今月の配当金合計は、3,960円です。

 

先月の配当金が凄まじかった分、今月はかなりの落差がありますね。(´;ω;`)涙

先月とは違い、配当金の入金メールが少なかったので、とても寂しい月でした。

この調子でいけば来月も今月と同様に、配当金の額が少ない月であると思います。

来月に同じようなショックを受けないように、今のうちから心の準備をしておきますね(>_<)

累計配当金の推移

累計配当金額は、74,168円です。

 

先月の上昇分が異常だった影響で、累計配当金のグラフは徐々に階段状の形になってきましたΣ(・ω・ノ)ノ!

僕のポートフォリオの主力は、VYM・HDV・SPYDの高配当ETFたちです。

これらのETFは、3月・6月・9月・12月が配当金をもらえる月ですので、次の階段ができるのは9月ぐらいになりそうですね。

僕個人としては、コロナショックの2番底を待っているんですが、今のところ2番底らしきものは見当たりません( ;∀;)涙

2番底ばかりを期待するのではなく、株価が手頃な値段で少しずつ買い増しをしていきましょうかね。

もちろん、2番底が来た時の余力は残しておく予定ですが、2番底が来るのはいつになることやら・・・。

さいごに

今回、2020年7月の配当金実績についてまとめてきました。

今まで行ってきた投資の仕方次第で自分が受け取れる配当金が変わってくるので、この配当金実績の集計を楽しんで行っています(^^)笑

現在のVIX指数は3月の頃に比べるとだいぶ下がってきましたね。

だいぶ株価の変動も落ち着いてきたのかもしれません。

今後も株価・投資時期・自分の投資資金と相談しながら、株式投資を行っていこうと思います。

皆様も無理のない範囲での株式投資をお楽しみください。

それでは、さようなら(^^)/~~~