子育て

電動鼻水吸引器「メルシーポット」の良い点・気になった点

この記事で分かること

・メルシーポットの良い点と気になる点が分かります。

今日は電動鼻水吸引器メルシーポットを購入しました。

今回は実際に利用してみて良かった点・気になった点について紹介していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

商品紹介

商品名:メルシーポットS-503(電動鼻水吸引器)+ロングシリコンノズル ボンジュール

メーカー名:BabySmile

商品単価:12,760円

 

この商品は、小児科医による監修を受けている商品であり、医療機器に分類されます。

僕の子供が産まれた産婦人科でもこの機械を使用していたと妻から話を聞きました。

初めは値段をみて、「ちょっと高いなー。」と感じましたが、愛する我が子のことを考えると必要経費と思って購入しました。

メルシーポット単品でも購入することが可能ですが、「ロングシリコンノズル ボンジュー」という長いシリコンノズルがあるととても便利ですので、セット品を購入することをオススメします。

※別々で購入することも可能ですが、セット品よりも高くなってしまいますので・・・。

良かった点

次は、メルシーポットを実際に使ってみて良かった点を紹介したいと思います。

良かった点は、以下の6つです。

ボタン一つで簡単に使える

本体の準備を行った後は、電源ボタンを「ON」にするだけで吸引がスタート。

あとは、赤ちゃんの鼻に差し込んで、鼻水を吸うだけ。

ややこしい吸引力の調整なども必要ありませんので、感覚的に使用することができました。

吸引力が良い

家庭用の吸引器では、医療用吸引器に比べると吸引力が少ないものが多いです。

しかし、メルシーポットはパワフル吸引力。

赤ちゃんの粘り気ある鼻水もしっかり吸い込むことができました。

箱にも書いていますが、「耳鼻科レベルの吸引力」は伊達じゃないですね。

本体がコンパクトで機能的

 

メルシーポットの本体サイズは、23㎝ × 8㎝ × 16㎝とコンパクトボディ。

吸引力が強くても、かさばってしまうのでは魅力が半減します。

背面には指を差し込めるスリットがついているので、持ち運びも便利でした。

底部にも滑り止めが付いているため、棚から落としてしまうのも防ぐことができますね。

生後0ヵ月の赤ちゃんから使える

ベビー用品はいつから使えるのかが気になりますが、メルシーポットは生後0ヵ月の赤ちゃんにも使えます。

赤ちゃんは鼻水をかむことができません。

鼻水をほおっておくと息苦しくなるし、副鼻腔炎(ちくのう症)などの病気になる可能性もあります。

パパとママがしっかり吸引をしてあげてくださいね。

マニュアルが分かりやすい

使い方マニュアルも付いています。

機械が苦手な人でもイラスト付きでとても分かりやすい。

使用法はもちろん、注意する点などもしっかり記載してくれているので、より安心でした。

ロングシリコンノズルは便利

元から付いている通常のノズルもいいですが、ロングシリコンノズル ボンジュールは大変便利です。

鼻の奥まで無理に差し込む必要はありませんが、気になる範囲の吸引が十分に行えます。

気になった点

次は、メルシーポットを実際に使ってみて気になった点を紹介したいと思います。

気になった点は、以下の2つです。

起動音が気になる

実際の起動音が若干、気になります。

しかし、電動の吸引器であれば仕方がないですね。

僕の職場にある吸引器に比べると起動音の大きさはかなりマシな方なので、この程度の起動音は諦めるしかないと思いました。

商品単価が気になる

商品単価は12,760円。

決して安い金額ではありません。

値段のことを気にする場合は、手動式の吸引ポンプもあるので、そちらをどうぞ。

しかし、手動式だと吸引力は諦めるしかありません。

さいごに

今回は、実際にメルシーポットを使用してみて良かった点と気になった点をまとめてきました。

少し高価な買い物ではありましたが、十分な機能性を持つ商品でもあるので、購入してみて良かったという印象を持っています。

愛する我が子の鼻水が多くて苦しそうにしているのに、何もできないのは辛いですからね。

このメルシーポットとでしっかり吸引してあげたいと思います

今日はこの商品紹介をみてくれてありがとうございました。

「電動鼻水吸引器 メルシーポットS-503 & ロングシリコンノズル ボンジュールNP セット」は以下のサイトで購入できますので、興味があればぜひ見てみて下さい。

またよろしくお願いします。