子育て

赤ちゃんが喜ぶあやし方3選!

この記事で分かること

・赤ちゃんが喜ぶあやし方が分かります。

・あやし方に対する理解が深まります。

僕には現在、0歳の子供がいます。

愛する我が子が、この世に生を受けて数か月が経ちました。

数か月も一緒に生活を行っていると、赤ちゃんが喜ぶあやし方というものを少しずつではありますが、理解をすることができてきました。

今回はその経験を生かして、赤ちゃんが喜ぶあやし方について考えていきたいと思います。

では、順番に見ていきましょう。

方法1 ボディータッチ

新生児の場合は視力が十分ではないため、「直接的に触れる」というコミュニケーション手段はとても効果的です。

赤ちゃんは両親に直接触れられることで、安心感や温かなぬくもりを感じることができます。

ボディータッチの種類について、説明していきます。

抱きかかえる

赤ちゃんを優しく抱きかかえてあげて下さい。

赤ちゃんは親に抱きかかえられることで、安心感や幸福感を感じることができます。

また、両親も赤ちゃんを抱くことで、体全体で赤ちゃんのぬくもりを感じることができますよ。

撫でる

赤ちゃんを優しく撫でてあげて下さい。

赤ちゃんは親に頭や身体を撫でられることで、親の手を通して温かさ・心地よさを感じることができます。

また、両親も赤ちゃんを撫でることで、心地よい肌触りを感じることができますよ。

トントンする

赤ちゃんの背中やおしりをトントンしてあげて下さい。

赤ちゃんは背中やおしりをトントンしてもらうことで、心地よい振動を感じることができます。

また、両親もトントンすることで赤ちゃんの柔らかな感触を感じることができますよ。

つんつんする

赤ちゃんの身体を優しくつんつんしてあげて下さい。

赤ちゃんは身体をつんつんされることで、楽しい雰囲気と心地よい感触を得ることができます。

また、両親も赤ちゃんをつんつんすることで、赤ちゃんと楽しい気持ちを共有することができますよ。

方法2 声掛け

新生児の場合はまだまだ呼び掛けても反応は乏しいですが、「声をかける」こと自体は無駄なことではありません。

赤ちゃんとのコミュニケーション手段としても十分に効果的なので、どんどん声掛けを行ってあげましょう。

声掛けの種類について、説明していきます。

名前を呼ぶ

赤ちゃんの名前を優しく読んであげて下さい。

初めは何がなんだか分かっていないかもしれませんが、徐々に自分を読んでいるということを認識するようになります。

赤ちゃんは自分の名前を呼ばれることで、自分が愛されているということを少しずつ自覚していきますよ。

話しかける

どんな内容の話でも構いませんので、赤ちゃんに話しかけてあげて下さい。

赤ちゃんは言葉の意味を理解していなくても、両親が自分に対して関心を持っているということを感じてくれているはずですよ。

赤ちゃんの声真似をする

赤ちゃんが声を出せるようになれば、その声真似を行ってあげて下さい。

例え、意味のない鳴き声であっても赤ちゃんはその声に反応してくれます。

赤ちゃんが悲しくて泣いている時でも、両親が声真似を行うことで楽しい雰囲気を感じ取ってくれますよ。

方法3 見守る

新生児の時にはこちらの目線をあまり感じられないですが、成長と共に徐々にこちらの目線を感じ取って反応してくれるようになります。

赤ちゃんは大好きな両親に見守られることで、楽しい気持ちや愛情を感じることができます。

見守りの種類について、説明していきます。

視線を合わす

特別なことをするのではありません。

ただ赤ちゃんと視線を合わせてあげて下さい。

そうすることで、赤ちゃんはこちらに興味・関心を持ち、笑顔を見せてくれるようになりますよ。

笑顔

赤ちゃんに笑顔を見せてあげて下さい。

大好きな両親の笑顔を見るだけで、赤ちゃんは安心感や幸福感、楽しい雰囲気を感じ取り、こちらに笑顔を返してくれますよ。

さいごに

今回は、赤ちゃんが喜ぶあやし方についてまとめてきました。

以上が、僕が0歳の我が子に対して実際に行っているあやし方ですが、親と子供の数だけ色々なあやし方が存在すると思います。

自分の愛する我が子は、一体どのようなあやし方が一番大好きなのか?

そのことを常に考えながら、子供とのコミュニケーションを楽しんでいただければと考えています。